エンタメやレジャーに特化したデジタルクーポンでO2Oを実現

国内最大級のプレイガイドとしてチケットビジネスを手がける株式会社イープラス(旧エンタテイメントプラス)は、新たなO2O(オンライン/オフライン間の送客)を狙った新規事業として、エンタメに特化したクーポンサービス「e+ Coupon(イープラスクーポン)」の開発を検討。

同社のデジタルチケットサービス「Smart e+(スマートイープラス)」の企画・開発に携わった当社の実績を評価いただき、再びご依頼をいただきました。

830万人のユーザーを3サービスでシームレスに連携

<ユーザー側>

830万人のユーザーを3サービスでシームレスに連携

「e+」、「Smart e+」、「e+Coupon」の3サービスのアカウントを連携し、ユーザーはいずれかのアカウントがあればログインできるようにシングル・サインオンのような連携を実現しました。

パスコードによるクーポン認証

ユーザーはスマートフォンに表示されるクーポン画面を受付係員に提示し、4桁のパスコードを入力することで認証がされる仕組みで、ユーザーの誤操作などを防止しました。

<主催者側>

場面に応じたさまざまクーポンがつくれる

金額、割引率、割引タイミングなど、場面や状況に応じてクーポンを作成できるように、UIをできるだけシンプルした使いやすいシステムとなっています。

グラフィカルなレポートによるユーザー解析

各クーポンの利用率、アクセス解析、ユーザー属性、精算などの詳細レポートをグフィカルなUIで表現したレポートは、イベント後に主催者が行うクーポン効果の分析をサポートします。

業種を選ばず利用できるクーポンシステム

これまで複雑であったクーポンを提供する事業者の審査や、クーポンの登録もWebで簡単に行うことができるようにし、業務アプリでありがちな複雑な操作、管理システムをなくしたことで、主催者側の運営コスト削減につながりました。
仕組みとしても汎用的にできているため水族館から食事系、エンタメ系などの業種を選ばずに利用できます。

ユーザーとしても様々なクーポンを手軽に購入でき、またスマホに入れられることで利便性が向上。既存の『e+』ユーザーはもちろんですが、クーポンを求める新規のユーザーも増加しました。

各サービスについての詳細、お仕事のご相談など、お気軽にお問い合わせください

問い合わせ